ミチさんの草花ブログ
by shakehands_thanky
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<   2010年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

落花生2
b0172882_16244013.jpg


今日の花は、落花生(2)。

初めて出逢った落花生の苗!

頂いて植えてから5ヶ月が経ちました。

そろそろ収穫の時期だと教えて頂き、我が家も、と・・・。

なんだかドキドキしている私!

そーろと、引っ張り上げると可愛い落花生の実が顔を出してくれました!

なんだか、食べるのがもったいない気がしてひと晩一緒に過ごす事にしました。

ありがとう!
こんなにワクワク、ドキドキするって久しぶりです!
[PR]

by shakehands_thanky | 2010-10-30 16:24 | 草花
秋明菊
b0172882_1383415.jpg


今日の花は、秋明菊(しゅうめいぎく)。

ひと雨降るごとに肌寒くなって来た!

公園にも、もうすっかり秋の気配がする!

桜や楓の木々達も秋の装い。

ブランコの横で咲くあなたはとても可愛くて可愛くて!

今年の夏の暑さは大丈夫だったのね!

去年よりたくさんの花を付けたあなたに逢えて良かった!

私、本当に心配したんだから!


b0172882_139538.jpg


(散歩の途中、ピンクの可愛いしゅうめいぎくに逢えました!)


別名:貴船菊
花言葉:忍耐
[PR]

by shakehands_thanky | 2010-10-27 13:09 | 草花
金魚
b0172882_2585528.jpg


b0172882_2591465.jpg


b0172882_2593150.jpg


今日の私は落ち込んでいる。

何かがあった訳ではない。

ぼーっとしている私に、水槽のジョンとヨーコが「どうしたの?」って、心配顔で私を見ている!

マモさんの初七日に頂いた金魚達。

あれから、二年が過ぎてずいぶん大きくなったよね!

「もう 大丈夫よ! 心配かけてごめんね!」
[PR]

by shakehands_thanky | 2010-10-24 02:59 | ひとりごと
金木犀
b0172882_22243430.jpg


今日の花は、金木犀。

秋のお祭りの頃に咲く金木犀の花!

目を閉じて大きく深呼吸する。

とてもいい匂い!

木漏れ日が私を優しく包んでくれる。

公園のベンチに座り小田和正の曲を聞いている私はとても幸せ!

こんなに、ゆっくりとした時間を過ごせるなんて!

どれくらいの時間が経ったのか分からない?

でも、もう少しこのまま座っていたい。


花言葉:謙遜・真実・初恋
[PR]

by shakehands_thanky | 2010-10-19 22:25 | 草花
買うのか? 買わへんのか?
b0172882_22494177.jpg


今日の花は、…?

あなたに会ったのは、これで二度目。

大型園芸ショップの棚に居たあなたはとても綺麗で素敵だった!

私はあなたをじーっと見て迷っている?

「買うのか? 買わへんのか? どうするんや!」

少し苛立った主人の声。

「1800円もするし!」

結局、その時は縁がなかったと思う事に。


それから、数ヶ月立った私の誕生日。

雪が降ってとても寒い日、あの時のあなたを探し回り震えながら帰って来たマモさん!

どこの花屋さんにも無かったらしい。

「いつか、きっとプレゼントしてやるからな!」って。

あの時の約束、覚えていますか?

(あなたの名前忘れちゃいました! ごめんなさいね!)
[PR]

by shakehands_thanky | 2010-10-14 22:51 | 草花
エノコロ草
b0172882_1134429.jpg


今日の花は、エノコロ草(ねこじゃらし)。

子供の頃。

裏庭から、異様な物音が!

恐る恐る忍び足で覗いて見る。

すると縁側でふんどし姿の父がいびきをかきながら、昼寝の真っ最中!

私は手に持っていた猫じゃらしで父の鼻をこそこそっと!

「ハッ ハクション!」

片目を開けにっこりと笑い私をお腹の上に乗せて、又いびきをかき眠り始めた。

大きなお舟に揺られているようで私も一緒に眠ってしまいました。

この頃、よく両親の事を思い出します!


花言葉:遊び・愛嬌
[PR]

by shakehands_thanky | 2010-10-09 11:04 | 草花
一杯のコーヒー
一杯のコーヒー

「あなたと初めて出逢ったのはいつだったかしら?」

喫茶店の片隅でコーヒーカップに声をかける。

あれは、義父と私の両親の介護で余裕のない二十四時間、いつまで続くのか分からない不安の中で毎日を送っていた四十代半ばの事。

介護保険もなく明治、大正生まれの義父、父や母達にそんな私は何をしてあげられたのだろうか?

心にゆとりを無くしていた私に友人が言った言葉を思い出す。
「時間をお金で買う事は決して悪い事でない、とても大切なことなのよ!」って。

その時の私は自分の為に時間をお金で買う事の意味が理解出来なかった!

義父達が逝ったある日、私は初めてひとり喫茶店の片隅に一杯のコーヒーと一緒に座っていた!

『何と香しい!いい香り!』

その時、友人の言ってくれた言葉の意味が初めて理解出来たような気がした!

介護のさなか、あなたに出逢っていたら、もう少し優しく向き会えたのかも?

今の私に、いっぱいの優しさをくれる心の友です。

『本当にありがとう!』
[PR]

by shakehands_thanky | 2010-10-06 20:10 | ひとりごと